教育
子どもの非認知能力を育てる先生の特徴
子どもの非認知能力を育てる先生の特徴新着!!

どんな先生が子どもの非認知能力を育てられるのか?ホットな話題を教育心理学の研究をもとに話しました。特に、誠実で最後まで責任感を持ってやれる先生ほど、子どもの非認知能力の一つである「グリット」は高まる傾向です。またクラス運営や雰囲気づくりの上手い先生も子どもの非認知能力を高められるでしょう。

続きを読む
教育
子どもの非認知的能力を伸ばせる先生が大事な理由
子どもの非認知的能力を伸ばせる先生が大事な理由

子どもの非認知的能力を伸ばせる先生は貴重です。非認知的能力は数学テストの成績と比べても、多方面の行動に影響します。また、10年以上先の将来の子どもの行動にも非認知的能力は影響します。しかし、教育歴が長い教師でも非認知的能力を伸ばすのは難しそうです。教育心理学の研究をお楽しみください。

続きを読む
教育
先生との仲が良いと子どもは勉強に自信がつく
先生との仲が良いと、子どもは勉強への自信がつく!

先生と子どもとの関係性が子どもの勉強姿勢に影響します。特に、先生と子どもがお互いに関係性が良好だと感じられると、子どもは算数と読解力に自信がつく傾向です。他にも、子どもが勉強に没頭したり、所属意識にも先生との関係性が影響します。ぜひ教育心理学の研究を楽しんでください。

続きを読む
教育
良い先生を選ぶと子どもの将来も良くなる
良い先生を選ぶと子どもの将来も良くなる!?

良い先生の影響は学校の勉強成績だけではありません。実は、子どもの将来にまで影響します。どんな質の先生と出会うかで、子どもの大学出席率や将来的な収入が上がります。ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む
教育
子どもの勉強意欲を高める親の向き合い方
子どもの勉強意欲を高めるための親の向き合い方

親がどのように子どもの勉強に向き合うかで、子どもの勉強意欲が変わると教育心理学の研究では示されています。親の向き合い方には、子どもの勉強自体を重視するか、それとも他の子と比べて優れているかを重視するかで、三つのタイプがあります。結果、子どもの勉強自体を重視する向き合い方が、勉強意欲を高めると言えます。ご参考にしてみてください。

続きを読む
教育
子どもの勉強意欲を高める先生の指導方針のアイキャッチ
子どもの勉強意欲を高める先生の指導方針とは?

先生の指導方針によって、子どもの勉強意欲は変わります。特に、先生が勉強の目的として何に重きを置くかによって、生徒の勉強意欲が高まります。テストの点数などパフォーマンスを重視する先生の方針だと子どもは勉強をやる気になりません。勉強を習得することに重きを置くと子どもは勉強に前向きになります。

続きを読む
教育
声掛け一つで算数や数学の成績が上がる
親の声掛け一つで数学の成績が上がる⁉

親の声掛け一つで子どもの算数や数学の成績が上がると教育心理学では言われています。声掛けには、「ベストを尽くす」という努力に焦点を当てた努力的な声掛けと、「この強化が得意だ」という能力に焦点を当てた能力的な声掛けの二種類があります。結果、努力的な声掛けをすると子どもの算数や数学の成績が上がり、特に苦手意識を持つ子ほど成績が伸びるという結果でした。ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む
教育
勉強で子どもの気分が下がらない親の声掛け
勉強で子どもの気分が下がらない親の声掛け

親の声掛け一つで、子どもの勉強への態度や授業への捉え方が変わります。では、具体的にどのような親の声掛けが良いのか?それを教育心理学の研究をもとに解説しました。特に、子どもに自由に主体的に選んでもらえるような声掛けが効果的です。声掛けの工夫一つで、子どもの気分が変わるかもしれません。

続きを読む
教育
たくさんの時間勉強しているのに、なぜ成績が上がらないのか
たくさん勉強しているのに、なぜ成績が上がらないのか?

家でたくさん勉強しているのに、なぜか成績が上がらない。そんなお悩みをお持ちのお子さんと親御さんは多いです。実は、教育心理学の研究では、勉強時間よりも大事な要素が示されています。それが、勉強計画と勉強環境です。研究論文では、勉強環境が整っている状態での長時間の勉強が有効だと言われています。では、勉強計画と勉強環境とは何か?ぜひお読みください。

続きを読む
教育
勉強成績はIQよりも自制力
勉強成績を上げるのに、IQよりも大事な能力とは?

勉強成績には、IQよりも大事な能力があると教育心理学では示されています。それが、自制心です。自制心が強いほど、勉強成績も高く、学校の欠席が少なくなり、勉強時間も増えます。この傾向は、IQよりも強いです。マシュマロテストのように、自分で自分の衝動を抑えられる力が必要とされます。

続きを読む