家庭教師がおすすめな人は?

家庭教師は何の役に立つ?

家庭教師とは、

直接家へ訪問
オンライン(ZOOMなどのインターネットサービス)

上記のどちらかで、1対1で勉強を教える人のことです。

家庭教師ってどんな人がするの?

基本的に、大学生が家庭教師をする場合が多いです。
しかし、家庭教師を専業にしている、いわゆる「プロ家庭教師」は社会人です。

性格としては、
勉強を教えることが好きな人
子どもが好きな人
が多い傾向にあります。

「歳の近い」
「面倒見のいい」
「お兄さん・お姉さんが多い」

そのように考えてもらえると、イメージしやすいと思います。

家庭教師がオススメな方

①お子さまに何かキッカケが欲しい

兄・姉のような存在から受ける刺激は絶大です。

大学のサークル・研究などの生の話。
友達関係・恋愛などの話。
着火剤は沢山あります。
「こんな人になりたいな」と、目標になりやすいですよね。

②親御様のいうことを聞かない

基本的に思春期の子供は親の話を聞きません。
その反面、外部からの声には耳を傾けます。

こちらの言いたいことを家庭教師の方に聞いてもらい、教師の方を介してお子さまに伝えてもらうなどもいいでしょう。

③お子さまのことを客観的に知りたい

お子さまのことを、そばで見てくれる存在はほとんどいません。
家庭教師はお子さまを観察することが仕事です。
時に、ご自身の教育や言うことが合っているか不安になりますよね。

そんなときは、家庭教師の方に相談するのがピッタリです。

家庭教師を選びたいんだけど、どうしたらいい?3つのポイント


家庭教師をはじめるとき、先生とお子さまの相性と支払う料金が気になりますよね。

①相性

先生とお子様の相性はとても大切です。
お子さまが先生のことを気に入れば、放っておいても勝手に勉強します。
逆に相性が合わなかったら、いくら説明が上手な先生でも勉強しないです。
例えば、週に2回、2時間ずつ授業を受けたとしても、1週間のうち4時間。

一方で、お子さまが自習に使える時間はそれ以外すべてとなってきます。
勉強は復習がすべてといっても過言ではありません。

つまり、自習時間を増やすべきなのです。
実績や大学なども大切ですが、もっとも重視すべきなのは相性であること間違いなしです。

②仲介料金

会社を通して家庭教師を紹介してもらう場合、先生に支払う授業料のうち、
なんと30〜50%が会社へ支払う仲介料となっています。
とても高額に感じますよね。

③高額なぼったくり教材

仲介料は不要だと言いながら、いざ契約しようとすると教材の購入が必須だなんてこともあります。
中身は1000円程度の市販の教材と、大差ありません。

家庭教師がおすすめな人は?

理想の家庭教師


家庭教師とは、
①1対1で勉強を教えてもらえる
②兄・姉のような存在
③こんな方にオススメ
・キッカケが欲しい
・親の言うことを聞かない
・客観的な意見が欲しい
おすすめに当てはまっていたら、検討の余地ありです。
ただ、おすすめに当てはまっていても家庭教師を選ぶ際のポイント3つはよく検討した上で申し込みましょう。

かてきょの森】は、格安で、相性ぴったりの家庭教師が見つかるをコンセプトに家庭教師を紹介しています。
ーーーあなたの先生は、あなたが選ぶ。ーーー
そうであってほしいという理念のもと、運営しておりますので、“コチラ”からよかったらご覧く